日本映画

『トリハダ 劇場版』感想(ネタバレあり)

『トリハダ 劇場版』のあらすじと感想をまとめました。

『トリハダ 劇場版』作品情報

『トリハダ 劇場版』

2012年公開/88分
監督:三木康一郎
キャスト:谷村美月、木南晴夏、佐津川愛美 など

人気ドラマシリーズ『トリハダ』の初めての劇場版です。
ドラマ版と同じく、短いエピソードのオムニバス形式。
『トリハダ』シリーズに共通するルール「トリハダ五箇条」にのっとったストーリーが展開されます。

トリハダ五箇条

  1. 幽霊は出ない
  2. 超常現象は起きない
  3. 音楽で恐怖を煽らない
  4. 過度な演出はしない
  5. 日常から逸脱しない

 

『トリハダ 劇場版』感想(ネタバレあり)

テツコ
『トリハダ 劇場版』の各エピソードの結末までのあらすじと私の感想をまとめました。
感想にもネタバレが含まれるのでご注意ください!

サイドストーリー

劇場版は全6話で構成されていますが、各エピソードの間にサイドストーリーが存在します。
物語が進むうちに、サイドストーリーと各エピソードがリンクしている部分が見えたりすることもあるのですが、最終的にどう繋がり、着地していくのかが見どころです。

サイドストーリーのあらすじ
家電メーカーのコールセンターに務めるひかりは、製品に無関係な文句をつけてくるクレーマーにもひたすら謝り続ける、地味で真面目な社員。しかし、上司の中村と不倫中という大きな秘密を抱えていた。ある日、中年女性のクレーマー対応に疲れて帰宅したひかりは、隣に住む住人の名前がクレーマーと同じであることに気がつき……。

 

第一話「見えざるものの中にある真理」




由美子(木南晴夏)はマンションと駅の間にあるトランクルームを借りていた。ある夜、斜め向かいのトランクルームを使っている男と遭遇する。どことなく怪しげな男の様子に、怯えながらその場を後にするが……。

近所では若い女性の行方不明事件が起こっていることもあり、ますます不安気な由美子。
そんなある日、自分のトランクルームを無理やりこじ開けようとしている例の男が!
すると彼女は鉄パイプを持って背後に忍び寄り、男を鉄パイプで何度も殴打。殺害してしまう。
実は行方不明の女性を殺したのも由美子の犯行だったのだ。
彼女のトランクルームには、これまで殺害した人たちの遺体が隠されていて、この男もそのひとつに加わったのだった。


まあ割とありがちな、実はこっちが犯人でしたオチ。
男性は女児向けのおもちゃみたいなのを持っていたので、行方不明になった娘を探していて、怪しいと思った由美子のトランクルームを探ろうとしていた、というところでしょうか。
展開は割と読める感じでそこまで意外性はないですが、夜のトランクルームというシチュエーションが嫌な感じに怖くて良かったです。

 

 

第二話「異常な愛情と執念の6日間」




宅配便で働く孝史(古川雄輝)は、不在表を見て電話してきた横田(笹野鈴々音)という女性に家に配達に行く。仕事が終わって家に帰り、コインランドリーで洗濯していると……。

配達に行った日以来、女性は孝史に執拗に電話を掛けたり家の前に押しかけたりとストーカー行為を繰り返す。
ついには、孝史の家に忍び込みシャンプーの容器に切り取った自分の指と血を混入させるなど、その行為はますますエスカレート。
しびれを切らした孝史は、運転中にかかってきた電話で怒りをあらわにするが、その直後、孝史の運転する車に女性が突っ込み、轢いてしまう。
恐怖で動けなくなっている孝史に、ゆっくり起き上がった女性が高々と笑い声をあげる……。


ざっくり言えば、配達先で偶然顔を合わせた女性に主人公がひたすらストーカーされるという、それ以上でもそれ以下でもない話なのですが、こういう「笹野鈴々音のビジュアルでぶん殴ってくる不気味ホラー」はトリハダには欠かせないと思ってるので、劇場版でも見ることができて満足。
ラストで車の窓から「赤い服」がひょろっと立ち上がり「責任とれよっ♪」と言うシーンはなんだか笑ってしまいつつもやっぱりトラウマ級に怖い。

 

第三話「好奇心から生まれる想像と漆黒」




夜のバスで、前の席に座っている女子高生(入来茉里)の携帯電話が目に入った良和(野間口徹)。ついつい「朝まで一緒うふふ~?」というメールの文字を読んでしまい……。

彼氏とのイチャイチャメールかと思ってずっと見続けていると、「あの女始末してくれたってこと?」「コンクリートにしたから大丈夫!」と、メールの内容がどんどん不穏な方向に。
若い女性が行方不明になっているというニュースも目にし、この女子高生とその彼氏が犯人なのでは?と不安になる主人公。
すると、「っていうか私の携帯覗いてる後ろのオヤジうざいんだけど」と打つ女子高生。バレていた!
返信は「じゃ、殺っちゃいますか」。実はこの彼氏も同じバスに乗っていて、絶望する主人公の前で高らかに笑う女子高生。


見たくなくても他人の携帯の画面が目に入ってしまって、つい気になっちゃうことってありますよね……。
バスの車内というシチュエーションでほとんどメールの文面だけで進んでいくという非常にシンプルにまとまった話ですが、女子高生が殺人に加担していた→メールを覗いていることがバレていた→共犯である彼氏もすぐそばにいたという3段階に発展していくテンポの良いエピソードでなかなか好き。
あと彼氏の顔が無駄に怖い。
他人のケータイは覗かないようにしましょう。

 

第四話「理想と現実の相違から訪れる闇」




付き合っている男にしつこくされていると飽きて別れを切り出す葉子(佐津川愛美)。ある日、引っ越したばかりの部屋に帽子を深くかぶった男が鍋を持って訪ねてくる。どうやらシチューを作り過ぎてしまったようなのだが……。

怪しみながらも恐る恐る応対してみると、そこには爽やかで感じの良いイケメンが。
「料理人で、メニューの開発のたびにたくさん余っちゃうので住人のみなさんにおすそわけしてるんですよ~」と言うので、一転して安心した葉子はシチューを受け取る。
しかし実はその男は殺人犯で、おいしくいただいたシチューには人間の舌が入っていた……。


隣人が作りすぎた料理をおすそわけ、しかも男性なんて、今どき怪しさ満載。絶対受け取っちゃだめなやつ!
「理想と現実の相違から訪れる闇」というタイトルが効いてますね。
見ず知らずの男が手料理をおすそ分けという「現実」の部分だけ抜き出したらどう考えても危険な話なのに、それが爽やかイケメンとなった瞬間「恋の始まりの予感♪」という「理想」に勝手に書き換えてしまう。
ストーリー自体は特にひねりもないんですが、こういうところ皮肉が効いてて好き。

 

第五話「自身に降りかかった悪夢と結末の相違」




夕子(石橋杏奈)が仕事から帰ると、上着のポケットに小さく丸めた紙が入っていてそこには「30」と書いてあった。翌日、出勤するためのバスを降りるとポケットの中に今度は「29」と書いてある紙が入っていて……。

その後も毎日上着のポケットに紙を入れられ、その数字は日に日に小さくなっていく。
そしてついには、家の中に「1」と書かれた紙が。
怖くなった主人公は友人に助けを求め、しばらく家を空けるため友人と一緒に荷物を取りに行く。
怖がる主人公の代わりに友人が郵便受けを開けると、中に仕込まれたボウガンが友人の頭に刺さり、亡くなってしまう。
呆然とする主人公だったが、その口元には笑みが浮かんでいた……。


ポケットに勝手に紙が入っていて、カウントダウンの如く数字がだんだん減っていくのは不気味ですが、それほどカウントダウンに必要性は感じないような……
そしてかなり突飛なオチですが、悲しんでいた主人公が、警察の取り調べに向かいながらにんまり笑うところでエンド。えっ、どういうこと?
タイトルから推測するに、「私が死ななくてラッキーだった。これでもう怖がらずに済む」という安堵のにっこり……というところでしょうか。
事件そのものの怖さよりも、人間の心理の怖さオチということでした。
しかし、こんなに用心されているのに毎日バスの中でポケットに紙を忍ばせるってちょっとファンタジーが過ぎる気がして、トリハダ五箇条の「超常現象は起きない」にちょっと引っかかりかけてる気がします。。

 

第六話「誘惑と疑念の葛藤と脅迫」




専業主婦の真貴子(白羽ゆり)は、毎週金曜日に限って帰りが遅い夫を疑っており「浮気したら殺すから」と言ったものの、それ以上問い詰めたりはしなかった。ある日、真貴子の下にライフスタイルを改善すると名乗った女性から電話がかかってきて……。

何を言ってるか分からない電話にイライラしながら相手していると、「旦那様は月曜日の夜7時ごろに亡くなられるということでよろしいでしょうか?」「保険金かけていらっしゃいますよね?」という「無料のご提案」に発展する。
つまり、夫の浮気相手からの「私があなたの夫を殺したらあなたには保険金が入ってウィンウィンですがどうしましょうか?」という「ご提案の電話」だったのだ。
そしてこの浮気相手というのが、サイドストーリーの主人公であるひかり(谷村美月)。
ひかりは例のクレーマー隣人を自宅で殺害した後、呼び出した恋人も殺害して自らも命を絶つ。


正直この第6話は、サイドストーリーを完結させるためのエピソードって感じなのでこれ自体大したことはなかったですね。
特にゾッとする感じでもないです。
怪しい電話の口調がずっと丁寧なのに、なんだかちょっと下に見るような態度とか話が通じない感じとか、結構不気味でよかったです。
電話の相手がコールセンター勤務というところで納得。笑

 

『トリハダ 劇場版』を視聴できる動画配信サービスは?

『トリハダ 劇場版』は以下の配信サービスで視聴することができます!

テツコ
できるだけ最新の配信状況を更新するようにしていますが、時期によっては配信終了していることもあります。登録前にご確認ください!

選び方がよく分からない方はこちら

 

U-NEXT

U-NEXTでは、『トリハダ 劇場版』が見放題で配信されています。

U-NEXTについて無料お試しアリ!
月額(税込) ポイント付与 無料お試し
2189円 毎月1200ポイント
(初月は600ポイント)
31日間

見放題の作品は、いつでも無料で視聴することができます。
レンタルの作品は、毎月もらえるポイントを使って視聴できます。
(無料期間でも600ポイントがもらえます!)

⇒U-NEXTの無料お試しはこちら

 

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオでは、『トリハダ 劇場版』が見放題で配信されています。

Amazonプライムビデオについて無料お試しアリ!
月額(税込) ポイント付与 無料お試し
500円
(年額プランだと4900円/年)
なし 30日間

見放題の作品は、いつでも無料で視聴することができます。
レンタルの作品は、個別課金が必要です。(だいたい1本100~500円)

⇒Amazonプライムビデオの無料お試しはこちら

 

Netflix

Netflixでは、『トリハダ 劇場版』が見放題で配信されています。

Netflixについて
月額(税込) ポイント付与 無料お試し
ベーシックプラン:880円
スタンダードプラン:1320円
プレミアムプラン:1980円
なし なし

Netflixでは、すべての動画が見放題です。

⇒Netflixの登録はこちら

 

こちらの記事もおすすめ

⇒『ドクロゲキ』感想(ネタバレあり)

Copyright© 気ままにおうちシネマ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.